2010年04月19日

なぜ寝返りするの?

寝ている間、人って何回もあっち向いたりこっち向いたり、寝返りしています。

人間に限らず犬や猫も寝ている間時々体を動かしています。

なぜ寝返りをするのでしょうか。


長時間同じ姿勢でいると体がむくんでくることがありますよね。

例えば椅子に何時間も座りっぱなしの事務仕事なんて、仕事が終わる夕方ころになると、ふくらはぎがとっても痛くなっていることがあります。

これは血液が足にたまって起こるもので、時々立ち上がってそこら辺をちょっと歩くことで解消することができます。


6時間とか8時間とか長時間寝ているときも、これと同じことが起こります。

同じ姿勢で寝ていると体の下になっている部分が体重で圧迫されて血行が悪くなり、血液がたまってむくんでしまうんですね。

寝ている間に起き上がって歩き回るわけにもいきません(目が覚めてしまいます)。
そこで脳が体の位置をずらすように指令を出して、体がそれにしたがってゴロンゴロンと動くわけです。

むくみを防ぐほかにもう一つ寝返りする理由があります。

それは、蒸れを防ぐ、ということ。

ずっと背中が下だと背中の温度が上がって汗をかき、蒸れてしまうので、ときどき位置をずらすんですね。

でももし宇宙空間のような無重力の場所だと寝返りをする必要がないので、寝返りしないかもしれません。

一度でいいから経験してみたいですね。

posted by 大明堂 at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146976521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。