2010年09月26日

手足があ冷えて眠れない時は

この夏の暑さはどこへやら、最近はだいぶ秋の気配が濃くなってきました。

朝晩は寒く感じることもあって、近ごろは長袖の服を着ています。


さて、寒くなってくると気になるのが「手足の冷え」ですね。
とくに足が冷えると布団に入ってもなかなか寝付けません。

私は以前、お風呂に入った後お湯をそのまま残しておいて、足が冷たくて寝れなくなった晩にもう一度お湯に浸かって体を温めてから寝ていました。

一度入った後ですからちょっとぬるめで、ゆっくり体を温めて、温まったら体をよく拭いて素早く布団に入る。

ぬるめのお湯は、副交感神経を刺激して早く寝れる効果もありますので、体が冷えて眠れなくなる前に寝てしまえるんです。

電気毛布だと暑すぎて夜中に汗だくになってしまうので、冬になるとよくこうやって寝ていました。


今は布団に入ったら1分以内に眠れるようになったのでやってませんけどね。




ラベル:睡眠 快眠
posted by 大明堂 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。